広田+二口企画の日々

京都を拠点に活動する俳優・広田ゆうみと二口大学。
2019年、別役実作品の上演を5つの町で行いました。
2020年は、別役実「眠っちゃいけない子守歌」で京都・三重・松山に、別役実「いかけしごむ」で豊岡・上田・長崎にお邪魔いたします。
二人の出演情報や近況報告などアップして参ります。

ttf_fringe01
豊岡演劇祭2020フリンジに広田ゆうみ+二口大学は参加いたします。

豊岡演劇祭2020 / Toyooka Theater Festival 2020
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■豊岡演劇祭の感染症対策とご来場のお客様へのお願い
以下のリンクをご来場前に必ずご覧ください。
ご来場のお客様へご協力のお願い

■演劇祭をお得に楽しめるパスポートをご用意しております。
こちらをクリックするとパスポートご案内ページに遷移します。

■新型コロナウイルス対策
・公演当日、受付で検温を行います。37.5度以上の発熱がある方はご入場いただけません。
・新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者と指定された方は、観劇をお断りいたします。
・新型コロナウイルス感染症対策の一環として、チケットを購入する際、複数枚購入する場合も、必ず来場者全員の氏名、緊急連絡先をお知らせ頂きます。個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご確認ください。
・予約・購入時にお知らせいただいた氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。予めご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
豊岡演劇祭2020 フリンジ
広田ゆうみ+二口大学 「いかけしごむ」

0919ika_f
0919ika_b

作:別役実
演出:広田ゆうみ
出演:広田ゆうみ・二口大学・くるぶし

日時:9月19日(土)~9月21日(月・祝)
《演劇祭は9月9日(水)~22日(火・祝)》
9月19日(土) 17:00
9月20日(日) 18:30
9月21日(月・祝) 15:00
[受付開始:開演の30分前/開場:開演の20分前]

場所:ワークピア日高(〒669-5311 兵庫県豊岡市日高町日置72-2)

入場料:一般 前売・当日共 2000円
    U-22(22歳以下)前売・当日共 1000円
    ※全席自由・日時指定

チケットのご予約
Peatix
https://ikakeshi-toyookafringe.peatix.com/
《パスポート購入の方はこちら》


「いかけしごむ」
「イカケシゴムを発明してブルガリヤ暗殺団に追われている」と語る男に、女が告げる《現実》とは。 湿った風に吹き寄せられるように出会ってしまった孤独な人々の、懸命な、それゆえに悲しく滑稽な 「闘い」を描く。
日本に於ける不条理演劇の第一人者である今年3月に逝去した別役実の戯曲。1989 年初演。


広田ゆうみ+二口大学
京都を拠点に演劇活動を続ける広田ゆうみと二口大学。
広田ゆうみは 2006 年までユニット〈小さなもうひとつの場所〉で 10 年に渡り多数の別役実戯曲を上演。多岐に渡る別役実作品を耽読し、特に童話作品については朗読も継続的に行っており、その取り組みから得た視点と、蓄積による確かな立脚点をもって出演・演出を担当。
二口大学は「顔を見ないと忘れる」(作・演出 鈴江俊郎)で第10回関西現代演劇俳優賞男優賞を受賞するなど、その実力を広く認められた俳優。別役実作品にもかねてより興味をもっており、広田の呼びかけに応えて継続的にその作品に取り組んでいる。

広田ゆうみと二口大学による別役実作品の上演は、
2010 年 7 月「いかけしごむ」
2011 年 1 月「眠っちゃいけない子守歌」
2011 年 6 月「もうひとりの飼主」
2012 年 2 月「クランボンは笑った」
2012 年 7 月「部屋」
2013 年 2 月「この道はいつか来た道」
2013 年 6 月「いかけしごむ」再演
2014 年 10 月「クランボンは笑った」再演
2015 年「もうひとりの飼主」再演
2016 年「いかけしごむ」京都芸術センター15 周年 KAC Showcase/Theater 参加
2019 年 10 月 「受付」KYOTO EXPERIMENT 2019 フリンジ作品

2017 年からは他地域へのツアーもスタート。

2017年「いかけしごむ」二都市公演(6月 三重・津あけぼの座、8月 愛媛・シアターねこ)
2018年「この道はいつか来た道」による三都市公演(3月 京都・人間座スタジオ、6月 三重・津あけぼの座、8月 愛媛・シアターねこ)
2019年「クランボンは笑った」による三都市公演(3月 京都・人間座スタジオ、6月 三重・ 津あけぼの座、8月 愛媛・シアターねこ)および「この道はいつか来た道」による二都市公演(5月 長野・ 犀の角、沖縄・アトリエ銘苅ベース)
2020年は「眠っちゃいけない子守歌」による三都市公演(6月 三重・津あけぼの座、8月 愛媛・シアターねこ、10月に延期 京都・人間座スタジオ)を開催。
DSC_0074

今回上演する「いかけしごむ」は、10月長野・犀の角、2021年3月長崎・アトリエPentAでも予定されている。

スタッフ
舞台監督:平岡希樹(現場サイド)
照明・音響:西内捺美(現場サイド)
制作:油田晃(特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ)

主催:広田ゆうみ+二口大学
提携:豊岡演劇祭実行委員会

hirota_fshirota_bs



今年も、別役実作品でツアーを行います。
3月に惜しくもこの世を去った別役実さん。
三重県津市、愛媛県松山市、京都市と公演させて頂きます。
足をお運びいただけましたら幸いです。

広田ゆうみ+二口大学「眠っちゃいけない子守歌」2020ツアー

三重公演 於 津あけぼの座【公演終了しました】
6月20日(土)19:00★ 21日(日)14:00
★アフタートーク開催 ゲスト:松原豊さん(写真師・Office369番地)

松山公演 於 シアターねこ【公演終了しました】
8月7日(金)19:30 8日(土)14:00★/19:00
★アフタートーク開催 ゲスト:本坊由華子さん(世界劇団)

京都公演 於 人間座スタジオ
10月30日(金)19:30★ 31日(土)15:00/19:00
★アフタートーク開催 ゲスト:筒井加寿子さん(ルドルフ)
※4月から延期となりました。
チケット予約は9月22日(火・祝)開始です。

長野県上田市で開催の上田街中演劇祭2020に広田ゆうみ+二口大学は「いかけしごむ」で参加いたします。昨年「この道はいつか来た道」でお邪魔して以来となります。


上田街中演劇祭2020参加作品
広田ゆうみ+二口大学『いかけしごむ』
ueda_f
ueda_b

作:別役実
演出:広田ゆうみ
出演:広田ゆうみ 二口大学 荒井洋文

10月3日(土)19:00 開演
10月4日(日)14:00 開演
10月4日(日)17:00 開演
受付開始・開場は開演の30分前

一般 2,500円(当日共)
U-22(22歳以下)1,000円(当日共)
※U-22は精算時に22歳以下を証明するものをご提示ください。

チケットのご予約は以下のサイトから

犀の角の駐車場はご利用いただけません。
近隣の駐車場をご利用ください。

犀の角ホームページ
http://sainotsuno.org/

↑このページのトップヘ