広田+二口企画の日々

京都を拠点に活動する俳優・広田ゆうみと二口大学。
2019年、別役実作品の上演を5つの町で行いました。
2020年は、別役実「眠っちゃいけない子守歌」で京都・三重・松山に、別役実「いかけしごむ」で長崎にお邪魔いたします。
二人の出演情報や近況報告などアップして参ります。

hirota2020_2

みなさまご無沙汰しております。
今年も、別役実作品でツアーを行います。
春の京都を皮切りに、三重県津市、愛媛県松山市と参ります。
足をお運びいただけましたら幸いです。
詳しくはチラシや追って掲載する情報をご覧ください。

広田ゆうみ+二口大学「眠っちゃいけない子守歌」2020ツアー

京都公演 於 人間座スタジオ
4月17日(金)19:30★ 18日(土)15:00/19:00
★アフタートーク開催 ゲスト:筒井加寿子さん(ルドルフ)
チケット予約 
https://www.quartet-online.net/ticket/komoriuta-kyoto

三重公演 於 津あけぼの座
6月20日(土)19:00★ 21日(日)14:00
★アフタートーク開催 ゲスト:松原豊さん(写真師・Office369番地)
6月19日(金)ワークショップ開催
チケット予約 4月より受付開始予定

松山公演 於 シアターねこ
8月7日(金)19:30 8日(土)14:00★/19:00
★アフタートーク開催 ゲスト:本坊由華子さん(世界劇団)
チケット予約 6月より受付開始予定

また、5月には、長崎・アトリエPentAにて、ペンタの日2020に参加、「いかけしごむ」を上演予定です。
こちらも追って情報を掲載いたします。

今年は本当に暖冬ですね。
今日も穏やかな京都。
お久しぶりです、二口です。
またまたブログも書いてまいります。
お付き合いください。

しぶとく生きています。
ただ、11月の25日から12月の9日までのポーランドツアーの緊張と疲れがずっっっと後を引き、その後の芝居や新年の落語が訳の分からない内に過ぎていき気が付けば2月も半ばです。
地獄の年末年始でした。
特に1月中は酷かった。
何をして過ごしていたのだろうかと記憶も怪しいほど。

いや、お稽古はしていたのです。
ルドルフさんの「隕石の栞」。

ただ、頭の中が本当におかしかったのです。
私には一年の内で大なり小なり起こることなのですが、何かずっしりと重たいものが頭にのし掛かり自分の力ではどうにも抜け出せない状態がしばらく続くことがあるのです。
得たいの知れないものにとりつかれでもいるかのような状態とでもいいますか。

近年は海外ツアーから帰ったあとひと月近くはこの状態になるという法則があります。
ただ、この状態をいつ抜け出せるのか渦中の時は全く分からない。
これが苦しい。
いや、今回は長かったです苦しかったです。

そう、長かった、ということはようやく抜け出せたようなのです。
ふう、です。
何せ来週末がルドルフさんの公演です。
しかも二口は大事な役どころ、いや、皆さん大事なのですが当然。

ふっと無くなるのです。
本当に。
あの野郎は。
ちくしょう、バカ野郎、こんちくしょう。
ポカポカポカポカポカポカ。

でも、ね、これが私なのもしれません。
私を構成している面倒臭くも愛しい要素。
苦しくなるのは困り者ですが、上がったり下がったり。
ドラマチックでもあります。
死ぬまで付き合うことでしょう。
しんどいなあ。

でも、ひとまずは来週末のルドルフさん公演。
これもまた死ぬ気で七転八倒中です。
今度は役柄を描くことに苦しんでいます。
ねじれています。
うおー、です。
困ったものです。

50歳の人物。
を、51の二口が演じます。

こんなですが、ぜひともお時間ある方も無い方も京都はシアターE9にお越しください。

とにかく演出の筒井さんが素敵です。

どうかよろしくお願いいたします。
二口大学 拝
20200121_135713

今年も松原豊さんの写真と橋本純司さんのデザインです。
どこかでぜひお手に取っていただけましたらと存じます。
まずは京都公演まで2ヶ月少々、ブログもじわじわ更新してまいりますので、よろしくお願いいたします。
P_20200213_191434

↑このページのトップヘ