広田+二口企画の日々

京都を拠点に活動する俳優・広田ゆうみと二口大学。 2019年4月から、別役実作品の上演を5つの町で行います。

表
裏
広田ゆうみ+二口大学
別役実「この道はいつか来た道」「クランボンは笑った」

各地公演 ご予約は下記よりお願いいたします。
(★アフタートークあり)

京都公演「クランボンは笑った」 於 人間座スタジオ
4月12日(金)19:30★  13日(土)15:00/19:00【公演終了しました】
★はアフタートーク開催 ゲスト:筒井加寿子さん(ルドルフ)

上田公演「この道はいつか来た道」 於 犀の角
5月18日(土)19:00★  19日(日)14:00★【公演終了しました】
★はアフタートーク開催 18日ゲスト:荒井洋文さん(犀の角)
19日ゲスト:野村政之さん(長野県文化振興コーディネーター・ドラマトゥルク)
5月17日(金)ワークショップ開催

那覇公演「この道はいつか来た道」 於 アトリエ銘苅ベース
5月24日(金)19:00  25日(土)19:00★  26日(日)14:00【公演終了しました】
★はアフタートーク開催 ゲスト:当山彰一さん
5月23日(木)ワークショップ開催

三重公演「クランボンは笑った」 於 津あけぼの座
6月22日(土)19:00★  23日(日)14:00【公演終了しました】
★はアフタートーク開催 ゲスト:松原豊さん(写真師・Office365番地)
6月21日(金)ワークショップ開催

松山公演「クランボンは笑った」 於 シアターねこ
8月23日(金)19:30★  24日(土)14:00/19:00
★はアフタートーク開催 ゲスト:本坊由華子さん(世界劇団)

月の光は真実を照らし、陽の光は現実を照らす。

     *

或る能楽師の先生がそうおっしゃいました。
例えば平家物語に材をとった『屋島』では、月光の下、義経の霊が現れて往時の合戦をつまびらかに語りますが、夜が明けるとともに「敵と見えしは群れ居る鴎 閧の聲と聞えしは浦風なりけり 高松の浦風なりけり 高松の朝嵐とぞなりにける」と消えてゆくのです。
冴え渡る月の下の「真実」。明々とした陽の下の「現実」。

ご縁ありまして、その先生が解説を交えながら好きな謡を謡うという会でお手伝い(関連作品の朗読)をしているのですが、そのときされたお話です。ご本人は受け売りですとおっしゃっていましたが、なんといいますか、かってにですけれども、我が意を得たりという感じがいたしました。

別役さんの作品を上演していると、ときどき「わからない」と言われたりしまして、「実際には何が起こったのか」「どの話が事実なのか」「誰が正しいのか」など訊かれることがあり、そのたびに「真実と事実(現実)は違う」とお答えしてきました。
もちろんお能と別役さんの芝居は構造も思想も違いますし同列には語れませんが、つまりそういうことなのだと改めて思ったのです。

「現実」に照らせば例えひとときの夢幻にみえようとも、そのひとにとって、その時間にとって、その場にとって、「真実」であること。
「ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたない」こと。

『クランボンは笑った』も月光の下の物語です。
23日(金)24日(土)、松山・シアターねこにて。
ひとときの「真実」をおたのしみください。

広田ゆうみ

IMG_20190812_213759~2

京都の二口です。
今日の京都は送り火。
台風が何とか過ぎてほっとしています。

クランボンは松山公演を控えて稽古、稽古です。
何を置いても稽古稽古稽古です。

いざ。

どうかよろしくお願いいたします。
二口大学20190411_173951

↑このページのトップヘ